----なるほど。洋楽に多大なる影響を受けている。だからこそ、アルバムタイトルも楽曲のタイトルも英語になっているのかなと思ったんですが。歌詞は日本語詞ですよね?

 

鯉渕 歌詞も英語にしてしまえば、僕たちが本当に大好きな音楽に近づけるはずなんですが、STELEOGRAMは日本のバンドなんで。それと、日本語で唄って日本の音階のメロディーをつけるという表現方法も、自分達の個性であり、魅力であるとも思っているし。うちのボーカル(小林光大)が、絶対音感を持っていて、音楽的理論の知識も凄い持っているので。創った日本語の歌詞を、日本の音階に乗せたらどういう風になるのかということに対してもかなり力を入れていますし。そこに、洋楽からもらったエッセンスを融合して曲を創っているので。ていうか、石川君が書く歌詞というものが素晴らしいので。綺麗な日本語の響きとか。そういうところを凄いこだわって創ってくるので。

 

石川 ほとんどの人が、何かを伝えたいために歌詞を書いている人が多いと思うんですけど、僕の場合はちょっと違う感覚で。歌詞を思いついた時、一度、僕の第三者的な人物にその言葉を宿して。それを僕が客観視しながら創り上げるという作業をするんです。それって、僕がボーカルじゃないからこそ出来る技なのかも知れませんね。書いた歌詞を自分で唄うということを前提で創っていないので。なので、例えるならば、創り手の僕と同じように、映画を鑑賞するような感覚で歌詞を感じてもらいたいなという気持ちがあるんですよね。さらに、歌詞だけじゃなくて、『SEASON』というアルバムを全体を通して聴くスタンスとしても、そういう感覚で聴いて感じて欲しいなって思っているんです。

 

----そいういった感覚や、音楽を創るスタンスを含めて、同世代のバンドを見てどう思われますか?

 

鯉渕 実は年の近いバンドの人が周りにいないんですよね。 僕ら平成元年産まれなんですが。

 

---そうか…。そう言われるといないかもね…。

 

鯉渕 そうなんですよね。水戸のシーンもそうなんですけど、同世代というのがあんましいないんですよね。同世代で参考に出来るバンドが周りにいない。だからこそ自由にやれているっていうのもあると思うんですけどね。同世代で、同い年で、バンドの方向性を話せる人達がいれば、もしかしたら今のSTELEOGRAMの音楽にはなっていなかったかも知れませんよね。“もっとお客さんにウケる曲を演ったほうがいいよ!”とか言われてたりしていたら、変わっていたかもしれませんから(笑)。

 

----ならば、世代を問わず、今までの活動の中で、少なからず日本のバンドから影響を受けた経験というものがあると思うんですが。

 

鯉渕 オワリカラと出会ったのはかなり大きかったですね。オワリカラも、“自分達のやりたい音楽を出したい”っていうのをコンセプトでやっているバンドだと思っていて。それを観て、“好きな音楽を演ればいいんだ!”って思えるようになりましたね。それまでは、“水戸の流行の音楽を演らなきゃ!”という思いもあったので。それを続けていたらバンドは潰れていたと思うので(笑)。

 

---(笑)。流行の音楽っていうのは先ほど言っていた…。

 

鯉渕 歌モノ中心のギターロックですよね。やっぱり僕らには合っていなかったというか。水戸には、そういうバンドでも良いバンドは沢山いるんですけどね。

 

石川 僕らがやるにはちょっと違うなって。聴いているバックグラウンドも違うだろうしなって。

 

鯉渕 そういう時に、オワリカラに出会って、自分達のやりたいことが確信に変わったというか。好き嫌いではなくて、自分達のやりたい音楽が見えたという感じですね。やっぱり、やりたいことをやらないとバンドも長続きしないし。音楽自体にも信憑性が出てこないし。偽ってやってたら上にも行けないし。水戸のシーンも引っ張って行けないだろうし。

 

----この『SEASON』をリリースすることによって、水戸の音楽シーンに対して何かしらの影響を与えることが出来るかも知れませんよね。

 

鯉渕 これを機に、どんどん更新して行きたいという感じですね。水戸の音楽シーンを回して行きたい。そのトップにいたいという気持ちも強くて。それには、自分達の音楽をもっと更新して行かないと、その思いも推し進めなれないなって。そういうポジションにはいられないのかなと思っていて。だからこそ、『SEASON』も含めて、自分達の手で、自分達の好きな音楽を、新しい音楽を発信し続けて行こう、これからも作品を創り続けていこうという思いになっていますね。

 

---今回、1stフルアルバム『SEASON』をリリースしたということは、今までの活動、作品の総括的なものであり、かつ、 あくまでも通過点であって。更に新しい方へ更新していく最中であると。

 

鯉渕 今現在も、僕らは色んな新しい音楽を聴き続けていますので、早くそれをアウトプットして新曲を創りたい欲求が強いんですが、今の段階では、この『SEASON』が自分達の中で1番新しい音楽を詰め込んだ作品になっているので。是非ともこれを自分達の音楽の入り口にしてもらって、これからのSTELEOGRAMの音楽も、もっともっと聴いてもらえるようにして行きたいですね。

 

----そうですね。とにかく色んな人に聴いてもらいたいですよね。

 

鯉渕 はい。この『SEASON』というアルバムは、リスナーにも勿論のこと、色んなバンドマンにも聴いてもらいたいんですよね。僕らの方法論を盗んでもらって、互いに良いものを創って行きたいって思っているんです。あとは、地方からでも全国に発信出来るんだよっていう。独りで家でこつこつ音楽を創りながら、自分で完結しているような人達にも、もっと発信してもらいたいなって。その一歩を踏み出せるような作品にもなればいいなって。今の時代、音楽を発表する手法なんかいくらでもあるので。さらに、このアルバムを水戸の後輩に聴いてもらって、“もっと水戸から発信しよう!”ということを改めて伝えられたらいいなと思いますね。“水戸でやっているからこそかっこいい!”と。そう思ってもらえたら嬉しいなって思っています。

これを機に、どんどん更新して行きたいという感じですね。

水戸の音楽シーンを回して行きたい。

1st フルアルバム

「SEASON」

2014.02.05 release

¥1500

 

  1. introduction
  2. Amber
  3. Pluto
  4. escape
  5. echo
  6. Seethe & Grimes - XXX
  7. Seethe & Grimes
  8. Chill
  9. Liverpool
10. exterior
11. City Lights Girl
12. Sink In The Ocean
13. SEASON

STELEOGRAM

(ステレオグラム)

 

小林光大:Vocal & Guitar & Synthesizer.

小関 遼:Bass & Synthesizer.

石川裕久:Drums.

鯉渕正寛:Guitar & Synthesizer.

official site:

http://steleogram2009.web.fc2.com/
 

official twitter:

https://twitter.com/STELEOGRAM